酵素不足を解消しつつ痩せる酵素ダイエット

酵素ダイエットについて

酵素ダイエットとは、酵素を食事で摂ることにを中心としたダイエット方法です。

 

酵素ダイエットは、直接的に痩せる効果があるわけではなく、痩せやすい身体づくりを目的としています。そもそも酵素とは、栄養素ではなく体内で作られるタンパク質の一種で、体内で起こる化学反応を仲介するはたらきがあります。酵素にはさまざまな種類があり、消化活動を活発にしたり新陳代謝を高めたりとそれぞれがとても重要な役割を担っています。

 

そのため酵素が体内で不足してしまうと、すぐに体調に現れてしまいます。体内で作る酵素だけで足りない分は、食事から摂取する必要があります。しかし現代の食生活では、なかなか十分な量の酵素が食事から摂れておらず、慢性的な酵素不足になっていることが考えられます。酵素不足によって代謝機能が低下し、結果的に痩せにくい体質となってしまいます。

 

 

そこで、酵素ダイエットは身体の基礎代謝を高めることで痩せやすい体質を目指します。酵素が多く含まれる食材としては、アボカド、キウイ、バナナ、マンゴー、レタス、キャベツ、ニンジン、納豆、漬物、味噌などが挙げられます。野菜や果物に含まれている食物酵素は、熱に弱いという特徴があります。

 

そのため、加熱はせずに生のままで食べることでより効率的に酵素を摂取することができます。どれも身近な食品のため、普段の食事にも取り入れやすいです。生で食べるのが苦手という人は、すりおろして料理に混ぜるというのもおすすめです。